手紙を書いた時は便箋1枚ありなのか

手紙には、便箋1枚だとマナー違反になることがあり、白紙の便箋を重ねて2枚封筒に入れて送ります。 マナー違反になるのは、弔事の手紙を書いた時以外です。 弔事の手紙だとマナー違反にならないのは、便箋を重ねるのが不幸が重なることを連想させるからです。 そのため弔辞のみを書く時は、便箋1枚に内容をおさめなければいけません。

弔事の手紙以外を1枚以内に書いた時は、白紙を重ねます。 白紙を重ねて2枚にする由来には様々な謂われがあり、どれが正しいのかは分かりません。 しかし、その謂われの一つを紹介すると、縁起が悪い手紙は全て1枚におさめるからです。昔から果たし状や離縁状は1枚におさめられており、便箋が1枚だけだと縁起が悪いと感じられることで、白紙を重ねるようになったのでしょう。

また同じような謂われとして、短い手紙は相手に失礼に当たるので、もう少し書きたいと意味を込めて白紙を重ねるという謂われもあります。 さらに相手に返信をしてもらう時に、紙を用意させないために白紙を入れて気遣うといった謂われもあり、どれも相手のことを考えて白紙を重ねるようになったのです。 また相手に対して失礼がないように白紙を重ねる謂われもあれば、単純に便箋1枚だと中身が透けて読めてしまうために、白紙を重ねて透けないようにしたといった謂われもあります。

こうした謂われがあって、弔事以外の手紙を書いた時に便箋1枚におさまった場合には、白紙を重ねて送るのがマナーです。 しかしこうしたマナーには、近年はそれほど気にしない人も増えてきました。 最近はメールなどで気軽に連絡が取れるようになったために、手紙のマナーを意識する人が少なくなったことや、地球環境のことを考え資源の無駄遣いになる、といった理由からこだわる人も少なくなってきたのです。

しかし、時代とともに意識する人が少なくなってきたといっても、人によっては気にする人もいます。 手紙を書いた時に便箋1枚におさまると白紙を重ねるか悩みどころですが、基本的には重ねておいた方が良いでしょう。 特によく知らない相手や高齢者の場合は、相手がマナーに対してどのような考え方を持っているのか分からないので、白紙を重ねておく方が無難といえます。

もし白紙を送るのがもったいないと思うなら、便箋2枚になるように書いてください。 気心の知れた友人や家族相手に出す手紙なら便箋1枚でも問題ありませんが、相手によっては気を付けましょう。

注目サイト

年賀状印刷で悩んだら富士フイルムのお店に
印刷をよりキレイで上質な仕上がりにできる富士フイルムの印刷技術でいい年賀状送る